知って損はない!検索でヒットするためのコツ。

ページ内の価値ある文章量を増やして滞在時間を上げる

サーチエンジンの検索表示順位の決定には色々なことが絡むがあることで知られますが、近年注目されているのが「滞在時間の長さ」です。なぜ滞在時間が注目するようになったかというと、被リンク数を高く評価していた某サーチエンジンですが、リンクの売買問題が大きく問題視されているからといわれます。具体的に言いますと、従来の順位決定方法だとお金を持っていればリンクの購入により価値の低いページ・サイトの評価を人工的に高めることが可能でした。しかし、滞在時間に注目すると無理やりリンク売買で価値を釣り上げてもそんなページからはユーザはすぐに離脱しますが、本当に価値あるページには一度アクセスしたらそう簡単には離脱しません。そういった意味で、色々とタグいじりをするよりもページ内に明確に価値ある文章を出来る限り長く書き、必然的に滞在時間が長くなるサイト作りをして上位ヒットを目指すのが大事になってきています。

やはりTITLEタグは大事です

検索エンジンの順位決定方法はどんどん変化していますが、やはりそれでも重要だといわれているのがHEADER内のTITLEタグです。こちらにキーワードをうまく入れておくとやはり、ライバルの有無・基本的なサイトの評価の高さによっては十分に上位にヒットを狙うことも可能です。ただし、誰でもウェブサイトやブログを作れる今では、TITLEタグをどんなに工夫しても人気キーワードでは上位にヒットさせることはなかなか厳しい時代となってきていますので、レアなキーワードを狙うのが大事です。そして、「1ページ1テーマ」の原則にのっとり、ページ内の話題はあまり拡げず、一つの狙ったキーワードに関する情報を専門的に書きます。すると、作った直後は順位が上がらなくても、内容に明確な付加価値があるのであれば中長期的には上位ヒットが十分狙えます。